消防機材 消防設備 防災用品

消防機材 消防設備 関東

消防機材 消防設備 関東
安心と信頼の実績
緊急時対応

消防機材 消防設備 関東
消火設備
警報設備
避難設備
消防用設備等点検
防火対象物定期点検
お問い合わせから             実施までの流れ

消防機材 消防設備 関東
警報器具・避難器具
消火器
消火器関連用品
防災用品
その他の商品

消防機材 消防設備 関東
会社概要・採用情報
代表挨拶・スタッフ紹介
良くあるご質問
お問い合わせフォーム            サイトポリシー
リンク集

消防機材 消防設備 関東
避 難 設 備

避難はしご
避難はしご 避難はしご
詳細説明        ↑画像はクリックすると拡大します↑

折りたたみ式は、設置場所から地面または
直下階までの壁面がまっすぐな場所に。
出窓など壁面から突き出したものがある場合は
ワイヤーロープ式をお勧めします。

【避難はしごの特長】

■突子が壁面に平面で接触するため、ゆれが少なく、
  安定したステップで避難することができます。

■ピンと止め金具を引くだけではしごが展開されるので、
  取り扱いが簡単です。

■収納はかさばらず、コンパクトにたたむことができます。

【ワイヤーロープ式避難はしごの特長】
■出窓など壁面から突き出したものがあり、
  垂直に降りられない場合にも使用できます。

【ナスカンフックと自在フックについて】
・ナスカンフック
ベランダ、もしくは廊下の手すりにフックをかけてはしごを下ろします。
手すりの外径がフックよりも太い場合は、フックをはしごにかけて
おろします。
   
設置する手すりが、はしごと人間の体重に十分耐えられるか、
使用前に強度を確認することが必要です。
(アルミ製の手すりは、強度がなく危険ですのでご使用をお控え下さい。)

・自在フック
ベランダ、廊下、窓などの枠にフックをかけてはしごを下ろします。
金具は事前に枠の幅(60から280mm)に合わせて伸縮させ、ボルトで
しっかりと金具を固定し、調整しておく必要があります。
  
設置する枠が、はしごと人間の体重に十分耐えられるか、
使用前に強度を確認することが必要です。

【点検について】
・避難はしごは6ヶ月に1回の外観・機能点検および1年に1回の総合点検が
義務付けられております。

・専門の有資格者の点検を受けてください。
(業者については消防署などで御確認ください。)

製品名 避難はしご
価格 詳細参照
COPYRIGHT(C)2008-11 株式会社関東消防機材 ALL RIGHTS RESERVED.