消防機材 消防設備 防災用品

消防機材 消防設備 関東

消防機材 消防設備 関東
安心と信頼の実績
緊急時対応

消防機材 消防設備 関東
消火設備
警報設備
避難設備
消防用設備等点検
防火対象物定期点検
お問い合わせから             実施までの流れ

消防機材 消防設備 関東
警報器具・避難器具
消火器
消火器関連用品
防災用品
その他の商品

消防機材 消防設備 関東
会社概要・採用情報
代表挨拶・スタッフ紹介
良くあるご質問
お問い合わせフォーム            サイトポリシー
リンク集

消防機材 消防設備 関東
避 難 設 備

緩降機(かんこうき)
緩降機(かんこうき) 緩降機(かんこうき)
詳細説明        ↑画像はクリックすると拡大します↑

窓からの避難方法では、緩降機(避難ロープ)を使用する方法もあります。

緩降機は大まかに、着用具、調速機、ロープからなり、滑車と歯車、
遠心ブレーキによって構成された降下器具です。
降下速度は一定の範囲に調整され、他人の力を借りずに自重により
自動的に降下することができ、着地時のショックもありません。

【緩降機の特長】
■はしごと違い、自力で降りることはなく、
  降下速度を一定の範囲に調整しながら使用者が
  他人の力を借りずに自重により自動的に降下する避難器具です。

■滑車と歯車と遠心ブレーキで構成された調速器は、
  安全に降りることができるよう降下速度を調整する
  役割を持ちます。
  ロープが動くと、滑車に連動した歯車が回転し、
  その回転が速まると遠心ブレーキが働いて、
  加速度をゼロに保つことができます。

  このため、体重の軽重や降下距離に関わらず、
  一定の速度で降下することができ着地時の
  ショックもありません。

■ロープはワイヤーロープを芯にした特殊繊維を利用しており、
  規格強度を十分にクリアした性能と耐久力で安全性を
  保っています。

【点検について】
・緩降機は6ヶ月に1回の機器点検および1年に1回の総合点検が
義務付けられております。

・また安全を確保するために設置後、5年を経過したとき、年数に関わらず
降下回数が300回を越えたときには、精密点検を行ってください。

・専門の有資格者の点検を受けてください。
(業者については消防署などで御確認ください。)

製品名 緩降機(かんこうき)
価格 詳細参照
COPYRIGHT(C)2008-11 株式会社関東消防機材 ALL RIGHTS RESERVED.